Chalk Paint™ アニースローンチョークペイント

実例集

古い和物 「帳場抽斗」

 明治期の帳場で使われていた抽斗(今で言うところの金庫)を採用し、古い家具のリメイクに挑戦

虫食いの跡や欠損部分を補修(虫食い跡にはパテを使い、痛みの激しかった前板は同材の桐材で作り替え)

金具はマスキングテープで養生して準備

 

 

 

塗装 / チョークペイントを2回(抽斗前板にはアクセントで別色) ソフトワックスはクリアーのあとにダークを各1回

 

虫食いの跡は塗装することで痕跡がなくなり、古臭い感じからレトロ感のある家具になりました

 

 

使った色など

チョークペイント/本体01 オールドホワイト
チョークペイント/抽斗前板02 シャトーグレー
ソフトワックスクリアー ダーク

参考情報

[ ←前へ ]  [ 次へ→ ]