オリジナル家具

木と鉄の家具

節あり楢材の家具 【説明】

楢材の節は刃こぼれするほど硬くて「家具や建具には不向き」とされていた材です。

職人泣かせのこの節材は、はじかれて薪として燃やされる運命でした。

「生き節」 「死に節」 「割れ」 木肌の表情が一つ一つ違い 眺めていて飽きません。  味があります。

この無骨な表情に引かれ、家具として命を吹き込もうと考え生まれたのが「節あり楢材の家具」

家具工房ならではのこだわりから生まれた ノスタルジックな家具シリーズの第2弾。

職人の確かで丁寧な仕事振りが伝わる自信作です。

 

 

[ ←前へ ]  [ 次へ→ ]